ボトックス注入で、しわにサヨナラ

数あるアンチエイジングの手法なかでも、注目されているボトックスによるしわ治療。
これまでしわの改善には、メスを使った整形手術が中心となっていました。
これはなかなか大がかりなもので、顔にメスを入れるという点からも、二の足を踏む方が多かったようです。
また目元のしわを手術で取り除くのは、困難とされてきました。
ボトックスを使った治療には、メスは登場しません。
お望みの部位に注入するだけなので、短時間で施術は終わります。

ボトックス注入の作用と効果の関係は

ボトックスはもともと眼瞼(まぶた)けいれん等の治療薬として使われていました。
そのような症状の改善としわを取る事とどう関係があるのでしょう。
ボトックスは食中毒の原因として有名な、ボツリヌス菌から作られます。
おっと、そう怖がらないでください。
A型ボツリヌス毒素には、筋肉の動きを抑制する働きがあり、ボトックスはその成分だけを製剤化したもので、菌そのものではありませんから、ご安心を。
この作用が、けいれんを抑えるのに効果的だったのです。

ボトックス注入治療は、何をどうしてどうなるの?

人間の顔には、表情を作るための、たくさんの筋肉があります。
笑ったり、怒ったりする度に、表情筋は収縮を繰り返しています。
この表情筋の動きが、顔にしわを刻んでいくのです。
特に目元は皮膚が薄いので、しわができやすい構造になっています。
そのような部分にボトックスを注入すると、筋肉の動きが抑制されて、一時的な麻痺状態になります。
麻痺した筋肉は動きませんから、収縮してしわを作ることもできず、お肌には張りが戻ります。
これがボトックスによる、しわ改善治療の仕組みです。

ボトックス注入ですっきり小顔に

注入によって得られる美容効果には、この他に小顔があります。
ボトックスを下あごに注入すると、この部分にある「咬筋」の働きが抑制されます。
咬筋とはいわゆる「エラ」を形成している筋肉です。
この筋肉から力を奪う事で、エラの張りを解消し、すっきりとした小顔になるというわけです。
ボトックスの効果は、およそ3ヶ月から半年間持続します。
効果が切れても、ある期間使われなかった筋肉は弱まっていますから、すぐ元に戻ってしまう事はありません。
とはいえ状態の維持には、定期的な注入が必要です。
信頼のおけるクリニックで、しっかりとカウンセリングを受け、計画的に利用しましょう。

ボトックス注入で表情しわを解消!