子供の迷子防止にハーネス

ハーネスは、子供が迷子にならないためや、事故防止に便利なグッズです。
肩に紐を通して手綱を親が持って使います。
人ごみや道路を歩くときなど、子供っていきなり飛び出したりしますよね。
特に赤ちゃんを抱っこしてる場合や両手で荷物を持たなくてはいけないときなどに、子供が自由に動き回ると危険ですよね。
ハーネスがあれば危険が回避できますね。

子供用ハーネスはリュックにも

ベビーグッズのサイトではぬいぐるみがついたハーネスが販売されています。
ユニコーンやヒツジやプードルなどいろんな動物がついていて、全世界でも人気の商品です。
やはり子供の迷子や事故防止には便利ですね。
ハーネスのストラップ部分を外すと、小物などを収納できるかわいいリュックにもなります。
また、ハーネスのストラップ部分は子供の成長に合わせて調整できます。

子供用ハーネスはデザインいろいろ

子供の迷子防止や事故防止に便利なハーネスですが、いろんなデザインが揃っています。
背中にリュックがついてるタイプや、ぬいぐるみがついてるタイプ、羽根のモチーフがついてるものなど、かわいいハーネスが売られています。
デニム素材で、何もついてないシンプルタイプもあります。
店頭や通販でも購入できますし、プレゼントなどにもいいですね。

子供にハーネスを使う時の注意点

子供が小さいうちは急に走りだしたりして危険がいっぱいです。
そういう時にハーネスをつけていれば安心と思ってる方もいるかもしれません。
でも、人ごみで迷子になるからといってハーネスをつけて、親が手綱の先だけ持ってると、その間を誰かが横切ることがあるかもしれません。
子供にハーネスをつけて、手を握ることを覚えさせることも大切です。
また、必要な時だけハーネスを使ってもいいですね。

子供の迷子や事故防止にはハーネスが便利