コレステロールを下げる食品

コレステロールを下げる食品は食物繊維の多い緑黄色野菜や海藻です。
食物繊維は小腸内で、コレステロールが原料となっている胆汁酸を吸着して、再吸収される量を減らし血液中のコレステロールを下げる働きがあります。
緑黄色野菜や海藻は食物繊維を多く含んでいます。
イカ、タコ、貝類、イクラ、ウニなどはコレステロールも多く含まれますが、コレステロールを下げる成分も多く含まれています。

コレステロールを下げるための食事

コレステロールを下げるには食事の改善が必須です。
カロリー制限と一度に摂取するエネルギーの量を減らすことが重要です。
悪玉コレステロールを増やすバター、牛・豚の脂身、パーム油、チーズ、チョコレートなどを避けます。
コレステロールを上げない魚介類や、善玉を増やし悪玉を減らす食品を食事に取り入れましょう。
大豆製品、きのこ類、たまねぎ・にんにく・ネギ、魚介類、蒟蒻・緑茶・ごま・酢が有効です。

コレステロールを下げるための運動

コレステロールを下げるには運動も重要です。
歩くだけでもコレステロールや中性脂肪が減るので、日頃運動をしていない方なら激しいトレーニングでなくてもウォーキングで十分です。
1日の歩数が多いほど、総コレステロール値や中性脂肪値は低くなり、善玉コレステロール値は高くなります。
善玉コレステロールは運動を続けるほど増加し、やめるともとに戻ってしまいます。
適度な運動を継続して行うことが肝心です。

コレステロールを下げる薬とサプリメント

コレステロールが高いと診断されたら、血液をサラサラにするビタミン類のサプリメントを摂取するといいでしょう。
ビタミンの中でも、β-カロテンやビタミンB群、C、Eなどが有効です。
生活改善してもコレステロール値が変わらないときに、薬物治療を検討します。
検査値の異常度によって薬の種類は違います。
血中資質の数値によって、ゆっくり効く薬を投与するか急速に効く薬を投与するか判断されます。

コレステロールを下げる最新情報!