カウボーイハットとテンガロンハット

アメリカ南西部、メキシコ、南アメリカなどでかぶるツバ広の帽子をカウボーイハットといいます。
クランに折り目ついて、ツバの脇が少し巻き上がっているのが、原型スタイルです。
カウボーイハットの一種にはテンガロンハットがあります。
これは、10ガロンの水が汲めるほど大きいというのが語源です。
その他、カウボーイハットにはガロンハットや、形状が似ているオーストラリア独自のアクーブラハットがあります。

カウボーイハットを通信販売で購入する

カウボーイハットは様々な通販サイトで取り扱いがあります。
特に、帽子専門店やアウトドア用品専門店で商品の取り揃えが豊富です。
また、カウボーイハットは様々な素材で作られ、コットンフェルト、メッシュ素材、革製のものが多いです。
様々な素材が用いられるため、使用される素材によって値段もまちまちです。

カウボーイハット、ゴルフ場でかぶる

ゴルフ場では必ず帽子をかぶらなければいけません。
プロゴルフプレーヤーの片山晋吾さんは帽子が似合わないことが悩みだったそうですが、カウボーイハットだけが似合ったため、カウボーイハットを使用しているとのことでした。
それまで、カウボーイハットをゴルフ帽として使用している人はほとんどいませんでしたが、今ではナイキやいくつかのゴルフショップで片山さんモデルのカウボーイハットが発売されています。

カウボーイハットの置き方

カウボーイハットはその独特の形状のため、置き方や保管方法に注意が必要です。
独特の形状を崩さないように置かなければいけません。
カウボーイハットを机などの上に置く場合には、逆さまにして置くことが基本です。
つい、ブリムを下に上向きに置いてしまいがちですが、上向きに多くとハットの重みで押さえられ、ブリムの形状が崩れてしまうからです。

カウボーイハットのお洒落な被り方