第2種電気工事士の義務

第2種電気工事士は一般家屋、小規模商店、600V以下で受電する電気設備などを扱えます。
電気工事に従事する際、電気設備技術基準に適合するように作業を行うこと。
電気工作物を構成するもののうち電気用品安全法に定める器具などは、電気用品安全法の基準のものを使用すること。
作業に従事する際、電気工事士免状の携帯すること。
都道府県知事より業務に関して報告を求められた際に、報告すること。

第2種電気工事士ができる業務

第2種電気工事士の取得者が従事できる業務は大きく3つです。
一般用電気工作物の電気工事の作業。
免状取得後3年以上の実務経験を得るか又は講習センターの講習を受ければ、産業保安監督部長に申請して認定電気工事従事者認定証の交付を受けて、簡易電気工の作業。
最大電力100キロワット未満の需要設備を有する事業場などで主任技術者を選任する際に、主任技術者となることができます。

第2種電気工事士、筆記試験

第2種電気工事士の筆記試験は工業高校電気科や専門学校、認定大学の卒業者、電気主任技術者の資格保有等は免除されます。
筆記試験は7つの領域からなります。
(1)電気に関する基礎理論
(2)配電理論及び配線設計
(3)電気機器、配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
(4)電気工事の施工方法
(5)一般用電気工作物の検査方法
(6)配線図
(7)一般用電気工作物の保安に関する法令で、マークシート方式です。

第2種電気工事士、技能試験

第2種電気工事士の技能試験は、学科試験合格者又は学科試験免除者のみが受験できます。
内容は
(1)電線の接続
(2)配線工事
(3)電気機器及び配線器具の設置
(4)電気機器、配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
(5)コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
(6)接地工事
(7)電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
(8)一般用電気工作物の検査
(9)一般用電気工作物の故障箇所の修理です。

第2種電気工事士ノウハウ