グレープシードオイルの効能

グレープシードオイルにはビタミンEがオリーブ油の約2倍以上も含まれており、血行を良くし若さを保つなどの効能があります。
抗酸化作用もあり体内で発ガンの元となる過酸化脂質が作られにくくなります。
また、脳の活性酸素を除去する効能もあります。
ポリフェノール類も豊富で、動脈硬化の予防に効果があります。
その他花粉症やアトピー性皮膚炎にも有効で、胃の弱い人や病人食、老人食にも最適です。

グレープシードオイル、ソルレオーネのグレープシードオイル

グレープシードオイルは新鮮なブドウの種を搾って造られます。
ソルレオーネの商品が有名です。
油とは思えないほどサラサラで、油特有の匂いもありません。
油はねが少ない、油の臭いの拡散も少ないため、揚げ物や炒め物に適しています。
しかも、酸化しにくいので、一度揚げ物に使用したオイルを数回使用することが出来ます。
また、油ぎれもよく、使用後の食器も洗い流すことが簡単です。

グレープシードオイルでマッサージ

グレープシードオイルは食用の他、ボディマッサージ用オイルとしても使用されています。
グレープシードオイルはベタつかず、滑りが良いため、後処理が簡単などの利点があります。
エステテクサロンでも使用され始めています。
入浴後、乾燥の気になる部分にグレープシードオイルを塗り、マッサージすると効果的です。
赤ちゃんへのマッサージにも使用できます。

グレープシードオイルでクレンジング

グレープシードオイルを使ってクレンジング剤を作ることが出来、注目を集めています。
作り方はとっても簡単です。
液体乳化剤2に対して、グレープシードオイルを5の割合で混ぜ合わせます。
そこに、好みの香りの精油を数滴加えると出来上がりです。
酸化防止剤を加えると、長持ちしますが、すぐに使い切る場合には必要ありません。

グレープシードオイルの特徴