火災報知器の義務化

消防法が改正され、2006年からすべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務化されます
新築住宅については、2006年6月から、既存住宅については各市町村条例により、2008年6月から2011年6月の間で設置義務化の期日が決められます。
火災報知器の設置目的は住宅における火災の発生を未然に又は早期に感知し、被害を最小に抑えることです。

火災報知器の設置基準

戸建住宅、店舗併用住宅、共同住宅、寄宿舎など全ての住宅が対象です。
すでに自動火災報知設備やスプリンクラー設備が設置されている場合は、必要ない場合があります。
住宅では子ども部屋を含む寝室、台所、階段に設置します。
3階建ての住宅では、火災警報機を設置しない階で就寝に使用しない居室が2階以上連続する場合、火災報知器を取り付けた階から2階離れた居室のある階段に設置します。

火災報知器のメーカー

火災報知器はいくつかのメーカーから発売されています。
もっとも有名なのは松下電工から発売されているもので「けむり当番」「ねつ当番」でしょう。
ニッタンからは阪神タイガース公認火災警報器として「けむタンちゃん」が発売されています。
MORITAからはデザイナーの山本寛斎がデザインした「SUPER Kitchen Leo」も販売中です。

火災報知器の価格

火災報知器の価格はメーカによって異なります。
「けむたんちゃん」や「けむり当番」「ねつ当番」などは3000円程度です。
一方、HITACHIの「ケムリンパッ」など3万円以上するものもあります。
火災報知器は自分で取り付けることも出来ますが、施工業者に頼むと火災報知器実費の他に施工料が必要になります。
価格だけではなく担当してくれる施工会社と相談する必要があるでしょう。

火災報知器No.1は