スリングの使い方を覚えて、外に出よう。新生児でもだいじょうぶ

スリングとは、幅のある布を帯状にして肩に掛け、袋を作って赤ちゃんを抱くための、抱っこ紐のことです。
赤ちゃんを包むポーチ部、ポーチの長さと抱き加減を調整するリング、その先のテール部からできています。
まだおんぶのできない新生児も、スリングでなら抱っこできます。
ファッショナブルなデザインのものも多いので、ママのセンスを邪魔することもありません。
赤ちゃんと一緒にドレスアップして、おうちのドアを開きましょう!

スリングの使い方教室で、もっと便利な新発見!

スリングはおんぶの場合と違い、赤ちゃんが体の前面にくるので、いつでも顔を見てあげられます。
これだけで赤ちゃんは安心します。
赤ちゃんがスリングの中で、スヤスヤと気持ち良さそうに、お昼寝している光景などを見かけることも。
おうちで使用している時には、眠ってしまった赤ちゃんを、スリングごとお布団へ。
そのままブランケットとして掛けてあげれば、余計な刺激を与えずにすみ、せっかくのオヤスミタイムを妨げることもありません。
専門店やスリングサークルには、教室を開講しているところがあります。
参加してみると、思ってもみなかった便利な使い方が、発見できるかもしれませんよ。

スリングの使い方は初心者でも工夫次第

赤ちゃんはきまぐれなもの。
ちょっとのことで泣き出してしまうこともしばしば。
でも、赤ちゃんには、ママやパパに気持ちを伝える方法が、それしかないのだから、仕方ありませんよね。
表情を見ていられるスリングなら、すぐその要望に答えてあげられます。
そろそろお腹がすいているのかな。
スリングが便利なのは、テールの部分で赤ちゃんを覆いながら、初心者の方でも簡単に授乳ができるところ。
これなら電車の中などでも、人目を気にすることなく、おっぱいをあげられます。
家族みんなが心地よいスリングを、新しい生活に取り入れてみませんか?

スリングの使い方はリングあり・リングなしのどちらもカンタン

さて、実際の使い方です。
まずテールをリングに通し、ちょうど良い長さにしてからもう一度リングに通し、固定します。
そして肩からたすき掛けにして、背中側に捩れがないようにして、ポーチの位置を合わせればOK。
簡単でしょう?
これならパパにもコーチできますよね。
注意してほしいのは、ポーチが低くなりすぎない事(揺れてしまって危険です)、と、リングが鎖骨に当たらないようにする事です(当たっていると、とても痛いですよ)。
スリングには、リングを使うタイプと、リングなしのタイプがありますが、基本的な使い方はどちらも同じです。

スリングの使い方入門講座